Xeory Base子テーマをロリポップで作る際のエラー解決策

Xeoryはシンプルなデザインで、カスタマイズ項目も果てしなくシンプルだ。

以前に使っていたsimplicityはあれもこれも簡単にカスタマイズできていたのに対して、

XeoryはcssやHTMLを理解していないと厳しい印象。

ここにきて「子テーマ」を自分で作らないといけないという事実に直面し、
ロリポップでなんとか頑張って作ってみたところ謎のエラー発生。

無事解決できたのでどなたかのご参考になれば。

※この記事はドメイン変更前の別のブログで掲載していた過去記事です。
当ドメインの話ではありませんが、記事の内容に差し支えはないので
それだけご了承のうえ、お読みください
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子テーマの作成

こちらのサイトでかなり詳しく手順が書かれております。

https://affiliate150.com/child-theme-set-up

私と同じロリポップでの手順なので、非常にありがたい。
上記サイトで流れはわかると思うので、ここではエラー解決の流れのみ。

発生したエラー内容

ロリポップFTPで子テーマを作成し、保存したのちワードプレス管理画面でテーマを確認すると「テーマが壊れている。親テーマがインストールされているか確認せよ」という旨のエラーが出てしまい先に進まない。

恐らく、Xeoryのstyle.cssをコピペしていたら特にエラーは起きなかったのでは?と思う。
FTP内のXeory親・style.cssのコードを読みだす記述を使用したからエラーになったのではないかと。

その理由は以下

style.cssを読みだすためのテーマ名の違い

上記サイトではテンプレート名を拾うために、外観→テーマの編集→スタイルシートからTheme Name: ・・・を参考にする流れとなっているが

Xeoryでは何故かワードプレス上で確認できるテンプレート名とFTPファイルに実際記載されている名前が微妙に違っている。

  • ワードプレスでは XeoryBase

  • FTP上では xeory_base

となっている。そのためFTPで読み込みファイルを指定する際に“XeoryBase”と記載してしまうと異なるファイル名となりエラーが出る。
(エラーかどうかはFTP上では確認できず、ワードプレス管理画面からテーマ一覧を確認するとわかる。)

まとめ

子テーマ作りの手順自体は上記サイトに沿っていけば完璧なので、
ロリポップFTPでスタイルシートを「@import url・・・」にて呼び出す記述を使用する場合はテーマ名をxeory_baseとするように気を付けて欲しい。

※子テーマ作成自体はこのやり方で無事クリアできましたが、
その後モバイルが表示されなくなってしまったりとややこしくなってきたので
結局simplicityに戻しました。
Xeoryはある程度以上cssに明るい人向けだと痛感。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク