Laravelでよく使うコマンド

Laravel

開発時、何回も調べるのが面倒なのでメモ。

ひとまず開発最初〜DB作成時あたりで使うものを書きました。

php artisan 系

サーバーを立てる

php artisan serve

これでlocalhost:8000にアクセスするとlaravelトップが開きます

route一覧を表示する

php artisan route:list
action="{{ route('register') }}" などに使うルート名を確認するときにも使う。

コントローラー作成

php artisan make:controller ArticleController

上の例では記事を取り扱うコントローラーを作成しています。お好きな名前に変えてご使用ください。

モデル作成

 php artisan make:model Article

モデル名の頭は大文字で!そして通常単数形で書きます。

フォームリクエスト

php artisan make:request ArticleRequest

上記コードでは、記事投稿時にバリデーションするリクエストを作成しています。

app/Http/Requestsの中にファイルが作成されます。

キャッシュ削除系

php artisan cache:clear
php artisan config:clear
php artisan route:clear

.envを編集したときとかキャッシュを削除する。キャッシュ系はほかにも色々ある。

DB接続・操作系

mysqlから出る時はexitを入力しましょう〜

データベース接続

 mysql -u root -p

ターミナルからDBを作るため、なにはともあれまずはログインをするときのコマンド。パスワードを聞かれるので.envに記載のものを使用。

mysql -u root でもいいはずなのですが、なぜか
ERROR 1045 (28000): Access denied for user ‘root’@’localhost’ (using password: NO)
というエラーが・・・

DB作成

CREATE DATABASE `データべース名`;

最後に ; が要るのと、データベース名を囲むのはバックスラッシュです。英語は小文字でもok。

データベース一覧を表示

SHOW DATABASES;

データベース一覧を確認できます。

使用するDBを指定

USE データベース名;

テーブルを閲覧

SHOW TABLES;

これでテーブル一覧が表示されます。

DBを作ったら、次のマイグレーションが行えます!

カラムを見る

show columns from users;

これで、テーブル内にあるカラムをざっと見ることができます。

テーブル内に登録されているデータを見る

select * from users;

usersテーブルに保存されているデータを見たい!という時はこんな風に書きます。
sql文なので、わかりやすいかも。

テーブルを削除

delete from posts where id = 4;
テーブルを個別に削除できます。

php artisan migrate関係

マイグレーションファイル作成

php artisan make:migration create_articles_table --create=articles

上記コードでは、articlesというテーブルを作るためのマイグレーションファイルを作成しています。(テーブル名は複数形が◎)

実行後は laravel/database/migrationsディレクトリにファイルができているはず。

マイグレーションファイル実行(テーブル作成)

php artisan migrate

マイグレーションファイルを実行するコマンド。

あれ??と思った時は

php artisan migrate:rollback

でマイグレーション前に戻れます。stepとかは使ったことない・・・

タイトルとURLをコピーしました