laravelでlaradockを使用するときのコマンドメモ

Laravel

laradockを使うときは普通のlaravelディレクトリではなくlaradockディレクトリからコマンドを使うことが多いです。

また、コマンドも長くなって毎回調べるのがめんどくさいのでメモとして。

※以下はlaradockディレクトリにて使用するコマンドです

開発環境の起動

 docker-compose up -d nginx mysql

workspace やphp-fpm は入力しなくても上記のコマンドで一緒に立ち上がるようです。

  • docker-composeは、複数のコンテナを同時に取り扱うDocker Composeという機能を使うためのコマンド
  • upは、Docker Composeでコンテナを起動するときに使うコマンド
  • -dは、コンテナを起動した後にターミナルの操作に戻るためのオプション

停止

 docker-compose stop

down

普通の停止は上記のコマンドでいいのですが、upコマンドで立ち上がったもの全てをシャットダウンさせるコマンドのようです。

docker-compose down

動いているコンテナを調べる

 docker ps 

php atisan コマンド使用時

以下はコントローラーを作る場合ですが、php artisan …の前になんやかんや付きます。

docker-compose exec workspace php artisan make:controller ArticleController

Dockerコンテナの中に入って操作する

dockerの中に入って操作する場合

先ほどの

docker-compose exec workspace...

laradockディレクトリの外から使用するコマンドです。

 docker-compose exec workspace bash

docker環境に入ってしまえばartisanコマンドの前に何もつけなくてもよくなります。

※このコマンドは、workspaceに入るコマンドになります。

mysqlにログイン

これも、dockerの中に入るパターンのコマンドになります。

$ docker-compose exec mysql bash

とコマンドを打つ。

root@8a9792617ae7:/# mysql -udefault -psecret
mysql>

ユーザー名・パスワードを入力して。。。入れました!

タイトルとURLをコピーしました